« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月 9日 (水)

【徒歩25分の二戸一貸家】8.5万 敷金2ヶ月礼金1ヶ月※終了しました

124555_047

鎌倉駅歩25分だからこその 環境・広さ・グレード感。
3拍子そろって この家賃。 駐車場も付いています。

○所在    鎌倉市大町
○交通    JR横須賀線鎌倉駅徒歩25分
○面積    66㎡
○構造    木造二階建て
○築年    平成元年
○間取り   2階:和6・洋6
         1階:LD8半・K3半

※駐車場1台付き(大型車もOK) 
※テレビは 光テレビでご覧ください。(手配や工事代は入居者負担となります)


緑のある静かな環境です。2軒で一棟のお家・・・ベランダをつけないテラスハウス という造りです。

鎌倉駅まで徒歩25分かかります。 途中までバスも使えないことないのですが、バスに乗っている時間は5分で、バス停から歩く距離が8分くらいかかりますので、鎌倉っ子は歩き または自転車 が普通。お家でお仕事をする方や、お子さんを健康に育てたい方によさそうです。


物件の特長は・・・
陽当たりの良い8帖半のリビング。
キッチンはセミクローズで、お料理にも集中できます。
お風呂や洗濯機置き場 洗面所は、2階に設置してあります。
寝室近くにあって使いやすいですね。  

それでは間取り図と写真をご覧ください。

Omachi05madori

124555_045

124555_037

124555_039

124555_046


<お問い合わせ>

(有)大久保不動産

『鎌倉地元業者のみが知る
 貸家・平屋・古民家ならお任せください』

TEL 0467-22-2633
FAX 0467-22-2634
URL http://kotokamakura.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【昭和の匂い鎌倉山の家】12万 敷金2ヶ月 礼金1ヶ月

4_009_2

凝った模様の玄関ドアや観音開きの窓、意匠的な照明器具や壁紙・・・随所に昭和が感じられる 緑いっぱいのおうちです。室内犬や猫ちゃんも飼い方によっては相談できますよ。

○所在   鎌倉市鎌倉山
○交通   JR大船駅 バス11分 鎌倉山バス停歩2分

※大船駅は 東海道線・横須賀線・根岸線・湘南モノレール線の走る交通の要所です。物件はモノレール線西鎌倉駅、湘南深沢駅、どちらからでも徒歩約15分ですが、大船行きのバスが圧倒的に多いので、バスをおすすめします。路線の違う鎌倉駅行きのバスもあります。こちらは乗車時間20分かかります。

○面積   87.78㎡
○構造   木造2階建て
○間取り  2F:和6・洋7・洋4・納3
        1F:和6・洋6・K4
○築年   昭和52年築

※自転車 バイク多数自由。駐車場はないのですが、軽自動車停まっていますね・・。なお、途中の道が狭いので普通車は入れません。

※テレビは ケーブルテレビ 光テレビなど自由。(手配 工事代は入居者の負担です。)

鎌倉山らしい坂や階段のある地形です。階段を上がると玄関。昭和52年築なので、特別古い物件ではないのですが、玄関ドアはなかなかレトロです。

2_010

2_011


ちょっと昭和な雰囲気は、玄関内も 開きのガラス戸やガラリの雨戸のついた二階の7帖洋室にも見られます。カウンターの裏側は3帖の納戸になっています。 書庫に使っても良いでしょう。

122_015

2_036

4_014

2階の4帖の洋室も壁紙がステキ。

4_016

1階洋室はエアコンが付いています。 ダイニングに向く部屋です。

2_052

2階の和室です。

125444_019

キッチンは以前よりシステムキッチンにリフォームされています。シンクも大きくコンロも3口。清潔感があります。

2_023

お風呂もリフォームされており きれいです。

125444_006

広くはありませんが、トイレや洗面台が1階にも2階にもあってご家族でも住めますね。トイレは1階2階とも新設しました。新品です!

Madori_kamakurayama

蛇足ですが、鎌倉山・・て隠れ家カフェや 隠れ家レストランが 点在するところ。窓から見えるこの赤い屋根のお家・・・実は その隠れ家レストランの1つです。 お隣さんですので、どうぞ仲良くね。

2_017


<お問い合わせ>

(有)大久保不動産

『鎌倉地元業者のみが知る
 貸家・平屋・古民家ならお任せください』

TEL 0467-22-2633
FAX 0467-22-2634
URL http://kotokamakura.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »