« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月 7日 (日)

【鎌倉の在・・笛田打越】薪ストーブのあるレトロで広い1K 6.3万 敷1礼1※決まりました

Photo

鎌倉~藤沢の中間くらい。県道沿いに面する店舗の2階。1階にお風呂と洗濯機置場のみあって、巾広の階段を上がると、2階は薪ストーブのあるレトロな世界。 天井が高いので、10帖洋室の室内上部に太い木が組まれたロフトまであります。 昔の「喫茶店」のような 明るさを落としてくつろぐお部屋になっています。

〇所在    鎌倉市笛田
〇交通    JR横須賀線鎌倉駅バス10分バス停歩1分
〇面積    30㎡+ロフト2帖
〇築年    昭和53年
〇間取り   1F:(玄関・浴室・洗濯機置場)
         2F:洋10・K2半

※洗濯機置場と浴室は近年設置されていますが、居室等はレトロ好みの方でないと向きません。 
※バイクは無料で置かせてもらえます。(屋根付き)
※バス便は多数あります。鎌倉駅バス10分、藤沢駅バス17分です。 
※エアコンもありますが、せっかくなので、お手頃家賃の賃貸ではまずお目にかかれない「薪ストーブ」使ってみませんか。 

県道に面するこの建物は1階がクリニック。2階の北西側が美容室で、この居住用は2階東南側になります。窓から薪ストーブの煙突が出ているのが見えるでしょうか。

Photo_2

室内は「レトロ」の一言。昭和を感じさせる、明るさを落としてくつろぐ雰囲気は、どちらかと言うと男性好みかも。室内のロフトは広さ2帖。白い壁に黒の太い木で組まれたような野趣ある造り。しっかりした階段状のはしごで上れ、照明も付いているので、ベッドスペースになると思います。

Photo_3

Photo_4

キッチンやトイレは 絵本作家のオーナーがいたずら心に描いたもの。白と黒のコントラストがちょっと愉快。

Photo_5

Photo_6

実は1階のお風呂と洗濯機置き場は現代風できれい。(お風呂は小さいです。)

Photo_7

Photo_8

無駄な情報ですが、2階へ上がる階段は巾100センチあって広い。

20131125

階段から居室に入るところと 階段上の明かりも うーん昭和。

Photo_10


<お問い合わせ>

(有)大久保不動産

『鎌倉地元業者のみが知る
 貸家・平屋・古民家ならお任せください』

TEL 0467-22-2633
FAX 0467-22-2634
URL http://kotokamakura.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小坪】遠目に海がちょっと見えるゆったり間取りのテラス 8.8万 敷金2ヶ月 礼金1ヶ月 ※室内猫相談できるようになりました!※決まりました

Photo

Photo_2

南雛壇の、フツーの住宅街の中にあるフツーのテラスですが、部屋を大きく取ってゆったり配置してあるのが特長。 陽当たりの良い専用庭、ベランダからは遠くに海少し、たまには富士山も見えます。

○所在    逗子市小坪
○交通    JR横須賀線「逗子」駅ミニバス15分 バス停目の前
○間取り   1F:LDK10
         2F:洋9・和6
○築年    平成元年
○構造    木造
○面積    約60㎡

※南側に専用庭 北側に駐車場1台付
※地下倉庫あります・・ ひな壇に上がる階段下
※追い炊き付給湯
※今回洗面台(シャンプードレッサー)新設しました。
※ペット可物件が少ない鎌倉逗子地区で希少価値!室内猫相談できることになりました。室内犬もご自宅でお仕事の方など、おうちにいらっしゃることが多い方の場合、相談できそうです。詳しくはお問い合わせ下さい。  

玄関廻りがゆったり。部屋数は2LDKですが、部屋を大きく取って、収納もしっかりの使い易いお宅です。

Zushikotsubomadorizu

Photo_124

風通しの良い2階和室 陽当たりの良い広々した洋間

Photo_125

Photo_126

ベランダからちょっぴり海見えます。この日は夕方に近く1センチほど。別の日梅雨入りと言うのに梅雨明けのような日、富士山も見えました。 この日海は3センチくらい見えましたよ。南側のお宅の方が低いので、開放感あります。 写真ではわかりませんね。

Photo_127

Photo_128

外観は普通です。

Photo_129


<お問い合わせ>

(有)大久保不動産

『鎌倉地元業者のみが知る
 貸家・平屋・古民家ならお任せください』

TEL 0467-22-2633
FAX 0467-22-2634
URL http://kotokamakura.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »