« 2016年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月25日 (火)

【平坦地100坪以上の別天地】古家付き売地 3880万※決まりました!

20161110_113405

明るい日差し。高台をとおるそよ風と緑。休日をのんびり過ごせる土地柄です。昭和のモダンな建物は その時々 素敵な改造を加えながら 代々住み継がれて来ました。この建物を生かしていただけたらうれしい・・・別荘やアトリエ等にもどうぞ。

○所在     鎌倉市雪ノ下四丁目
○交通     JR横須賀線鎌倉駅バス6分バス停徒歩6分
          (鎌倉駅から歩くと25分。お散歩がてら歩ける道です)
○土地権利  所有権
○土地面積  宅地 395.87㎡(119.75坪) セットバック約25㎡含む
          山林 218.52㎡(66.10坪)
※山林は現在は課税対象地 H30年以降非課税となる可能性があります

○用途地域  第一種低層住居専用地域
※(山林も含む 今後山林部分は見直しとなる可能性があります

○建ぺい率  40%
○容積率   80%
○接道     西側3m位置指定道路に 約25m接道 
○設備     公営水道  本下水  都市ガス  東京電力
○現況     古家あり(居住中)  現況有姿 
         建物は長年経過しており瑕疵担保責任は負いません。 
○古家概要  昭和34年築 昭和45年総増改築 木造2階建て

〔公簿面積〕
1階: 107.60㎡
2階: 49.68㎡(1階に増築未登記部分約20㎡あり)

〔おおよその間取り・・・広さは全て 約 の広さです〕 
1階: 洋12・洋10・SLDK34・S2・浴室・洗面室・トイレ
2階: 洋7半・洋12・S4・シャワー室・パウダールーム 

※地元では大御堂といわれる 風光明媚な土地柄です。 ちょっと奥まった現地は、自然がいっぱい。駅までかろうじて歩ける25分。(バス便はたくさんあります) 

※「旧分譲地」という言葉がありますが、実はこの付近は旧も旧・・・昭和30年頃に分譲されました。 道路の幅や形状等も含め、今の分譲地とはだいぶだいぶ違いますね。

※車は入れません。(緩やかな坂・・階段もあり)
※近隣に民間駐車場あります。 


20161110_113622

20161110_120220

20170421_102627


車は入れません。よう壁工事を行って敷地の入り口部分を掘り込めば、軽自動車なら入れるようになるかも知れません。しかし、土地が広いだけに、よう壁工事は、その費用や宅地造成許可申請の手続きや時間など、相当大掛かりとなります。

この車庫になりそうな部分は、山肌が見えていて、木の根も出ており、見慣れていない方がご覧になるとくずれるような心配をされるかもしれませんね。売主様やご家族、そして、近隣の方のお話では、地盤は岩盤で、今まで何十年も大きく崩れたりしたことはないそうです。

20161110_1131

20161110_1131_2

敷地に出入りするためには、緩やかな階段のある前面道路を少し登ります。とっても 「旧」 な 旧分譲地のため、前面道路は4mではなく3mで、持ち主は当時の分譲会社のまま。セットバックは片側後退となり、最大で1m下がります。

この道は、この先1軒だけ。当時の分譲は現在のような道路整備がなされるやり方ではなかったのですね。そして 長年使ってきた売主様やご家族も、どこが境界なのかなど、あまり気にして暮らしてきてはいらっしゃらなかったのでは と思います。月日が過ぎ、今あらためて土地家屋調査士の先生に診ていただいたところ、敷地への出入りに使う数段の階段・・・この道路にはみ出ていました。

Chikeizu

建物を取り壊して再建築すると、この階段部分や セットバックとの関係もあり、大掛かりなよう壁工事を行わなければならないことも考えられます。そのあたりは、設計に携わる方とよく打ち合わせが必要です。
 
再建築にはそういったことがある、ということもありますが・・・、この 「素敵で広ーいお家」・・・改装しながらお使いいただけたらうれしいのですが。お住いはもちろん 別荘やアトリエにもぜひ。


お引越しの方向でまだ居住中ですので、建物内の写真はあまり公開できませんが、数少ない写真から雰囲気はわかって頂けそうに思います。間取りは、担当がメモした拙い間取り図でよろしければお渡しします。詳しくはお問い合わせください。

<お問い合わせ>

(有)大久保不動産

『鎌倉地元業者のみが知る
 貸家・平屋・古民家ならお任せください』

TEL 0467-22-2633
FAX 0467-22-2634
URL http://kotokamakura.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2017年5月 »